コピペチェック プラグインはチェックすべきツール

近年、インターネットの発達は目覚ましく、特にSNSを通じて個人や法人が情報を頻繁に発信していく時代になっています。それだけではなく、ホームページをレンタルサーバを使って構築し、それをSNSと連携して発信していくという事例も登場しています。このことは、誰もがいつでもどこでも情報を発信できるというユビキタスな社会に既に突入したという事を示しており、データや文章の二次使用による著作権侵害の可能性が高まっていることを意味します。

こうした問題を解決するためのシステムがコピペチェック プラグイン形式によって公開されています。プラグインとはIT用語の一つであり、多くのユーザが頻繁に利用するシステムに適合し、かつ新たな機能を拡張できるように作られたソフトウェアのことです。

誰もがいつでもどこでも同じ情報を何回も発信できる時代においては、似たような文章やデータが様々なサイトで掲示されるようになります。コピペチェックツールは、この似たような文章やデータの類似度を判定することにより、発信する側が別の人間の著作権侵害を未然に防ぐのはもちろんのこと、別の人間が作ったもので自分の作品が勝手に利用されていることにより著作権の侵害を訴えることをも可能にします。そのツールがあらゆるユーザが利用するシステムに適合する形で公開されていれば、自ら作成した記事が誰かの二次使用である旨をURL別に判定してくれることになります。

このようなシステムがコピペチェック プラグイン形式で公開されていることは、すべてのユーザにとって著作権侵害のリスクを最小限にとどめることができるので、ユーザは必ずチェックしておく必要があります。